コート選びをする時に必要な3つの要素

コートの大事な3点
アルパカ生地

秋らしくなってきて肌寒くなってきましたが、コートを新調したいと思っている方は多いのではないでしょうか?

皆さん、こんにちは。
アルパカ生地専門家の太田康治です。

毎年買わずに、長持ちして自分との相性が合うコートに巡り会いたいという願望がある方は少なくないと思います。

どんな点に注意をして購入していいかわからない方はこちらの記事をお読みください。

①「サイズ」が合わなければデザインが台無し。

メジャー

最も大事なの「サイズ」になります。
身だしなみでサイズ感が違うと、一眼でわかるものです。

人と接することの多い方は特に第一印象が大事ですから、ここには気を使いたいところです。

身長の低い方はコートが似合わないと思われているかもしれませんが、自分のサイズあっているものを羽織ったことがおありでしょうか?

筆者は身長が低いため、いつも服選びに困っています。
その原因はサイズなのです。自分にあったものを羽織ることであなたにあったコートに出会えるでしょう。

肩幅、袖丈、裾丈をまずは意識するといいでしょう。

②あなたがコートを必要としている「目的」

コートを新調したい方は既に目的があると思います。

  • 記念パーティーの招待を受けた
  • 長年しようしたコートの寿命がきた
  • 寒い冬を乗り越えるため

など、目的があると思います。
この目的を持って、コート選びをしてください。
クラシック音楽を初めて観に行かれる方は、行かれる時の服装について以下の記事で解説しています。
記事:【リスペクトが大事】クラシックコンサートに行く時の服装

そのためには深堀が必要です。
「寒い冬を乗り越えるため」の場合、、、

外出が多い方のお悩みだと思います。
外出はどんな外出が多いのか?
例えば、、、

  • 取引先との会食
  • パートナーとのディナーデート
  • 早朝ゴルフ

こんなことが考えられます。こちらの共通点は、「相手」が重要になりますね。
かちっとした印象を与える場合は、チェスターフィールドコートやアルスターコートをおすすめします。

色はブラック、ネイビー、グレー系統の色がいいです。
その中でも、カジュアルにも着こなしたい場合は、ネイビーがおすすめですね。

このようにして、目的にあったコートを選ぶのも大事な要素です。

③印象に大きく影響する「生地」

アルパカ生地

上記を決めていると愛着が少しづつ湧いてきます。
さらに大事なのは、「生地」です。

特に、上記で説明しました「目的」と繋がってきます。
第一印象、機能性、肌触りなど自分の優先順位を決めていきます。

その中で、自分にあった生地を決めていくのです。

さらに生地を決める際には「耐久性」も大事な要素です。

高価なコート=耐久性がというのは、間違えです。
もちろん=になることもありますが、全てではありません。
手入れによっても変わります。

子に受け継ぐコートにしたいのか、短期的に着こなしができるコートにしたいのか、あなたのスタイルにあったコート探してください。
手入れによって変わるとお伝えしましたが、耐久性はこの手入れが非常に重要になります。コートの手入れについてはこちらをご確認ください。
記事:コートの手入れはご存知ですか?

最後に

コート選びをする時に必要な3つの要素をお届けしましたが、いかがでしたか?
これであなたもコートの購入に一歩近づけたのではないでしょうか?

どうしてもサイズの合うものがなくお悩みの方はオーダーコートも検討してみるといいかもしれません。その際は、弊社でオーダーコート&ジャケット専門店を営んでおります。お問合せは以下より、お願い致します。

お問い合わせ詳細

コメントを残す