【服飾辞典】スーツとコートの役割の違い

スーツとコート
アルパカ生地

スーツは普段ビジネスで使用する方が多い服飾ですが、コートはどうでしょうか?
ファッションとして着られる方が多い印象です。

間違いではありませんが、さらに深く知ってもらうために、
今回はこのスーツとコートの役割について解説していきます。

スーツの役割とは?

スーツを着る男性

スーツは今やビジネスとして使用されることが普通となりました。
働く男性の象徴といっても過言ではありませんね。

そんなスーツですが、役割として「正装」があります。

ビジネスでの正装もそうですが、世界的な観点で言えば、冠婚葬祭になります。
スーツとは違い、タキシードなどもありますが、ここでは複雑にしないために、同類として述べていきます。

今のスーツの原型がフロックコートです。元々はコートだったのです。
イギリス発祥と言われているコートですが、イギリスの特徴である重厚があります。
なぜなら、当時の生地は分厚く、重かったと言われているからです。

イギリスと言われると格式の高いイメージがあると思います。
その印象は間違いではなく、スーツは自分のイメージを高める重要なアイテムなのです。

コートの役割とは?

クラシックなコート

コートは防寒の手段として着用される方が多いと思います。

ファッションとしても女性の中では重要なアイテムになっていますよね。
スーツの役割でもお伝えした通り、フロックコートがスーツになった歴史があり、実はコートはスーツより前に誕生しています。

防寒だけではなく、正装として使用されていました。

さらにコートは身体全体を覆っていることから、身を守る服飾としても認識されています。工場で働く作業員が着ていることもあれば、軍人が戦場で身を守るために使用されることも。

実はコートの方が歴史的な観点から役割は多いのです。

防寒として、身を守るものとして、ファッションとして、正装として着用できるため、日本では着る期間が短いですが、大事な独立したアイテムなのです。

スーツとは明らかな違いがあります。
それは、アウターということ。

それが上記以外の役割にどんな影響があるのかお伝えします。
こんな場面を思い浮かべてください。

某大手高級ホテルでレセプションパーティに夫婦で誘われたあなた。
会場に着くと、フルーティな香りの中に、正装で光り輝くジュエリーを身に纏っているエレガントな人々がロビーで会話を楽しんでいる。

クロークに荷物を預ける。その時にコートも一緒に預けたあなた。
そのコートを受け取るのは、ホテルスタッフ。

預けた後に、あなたは会場へと足を運ぶ。

この時、コートはアウターであることから、預けることがあります。
預けるということは他の誰かが、あなたのコートに触れることを指します。

そのときにどう思われるか、ここも大事なポイントなのです。

自分にあったスーツやコートを持つべき理由

読者の皆様はスーツやコートをお持ちでしょうか?
あなたはそれらで周りの欲を満たせていますか?

著者が伝えたいのは、自分の欲を満たすだけのスーツやコートではなく、周りを豊かにするのが大事だということです。

スーツでよく言われますが、高級なスーツを来ていても、靴や時計などの小物が価値を見出せるものでなければ台無しです。

それと同じで、歴史的背景からしても、外観からしても大事なアイテムであり、容易にあなたを台無しに見せてしまいます。

あなたの体や目的にあったものを一着持っておくことおすすめします。
・娘の彼氏が突然家族の会食に来ること
・街中でクライアントと遭遇する
・突然のパーティ誘い

そんな場面を想像すると、普段でも着回しができる上質でシンプルなスーツやコートを持つべきだと考えます。ただシンプルであればいいのではなく、なぜシンプルなのか追求するとその奥には紳士の思考が宿っているのです。

最後に

スーツとコートの役割は似ているようで違う独立したアイテムです。
あなたにとってスーツやコートはどんなアイテムでしょうか?

特に冬場のコートはどんなものよりも外側にくる、あなたを象徴するアイテムになります。
ここを疎かにするとあなたの良さを潰しかねません。

上質な一着持つべき理由をお分かりいただけましたか?
オーダーメイドコートに関してのお問合せは以下より、受け付けております。

お問い合わせ詳細

コメントを残す