コートをオーダーする際の服装について

アルパカ生地

コートは体を包み、温かい格好をする防寒着になります。
その際に、普段の自分のサイズとは違った大きさにしなければなりません。

今回はコートをオーダーする際の注意点をお伝えしていきます。

使用する頻度の多い服を着て採寸する

コートはカジュアルでもフォーマルでもご使用になれます。
そこで大事なのが、コートの下に何を着るのかということ。

スーツを普段着られる方は、スーツを着用する。
ニットを普段着られる方は、ニットを着用する。

このように自分のサイズに合わせて注文することが大事なポイントです。
それはわかっている方に、さらに解説していきます。

体の形がそれぞれ違うため、自らをどのように見せたいのかがポイントです。
基本的にコートやスーツは肩パッドが入っています。

日本人は撫で肩の方が多いので、パットを入れる方が多いです。
しかし、コートの場合は、下に着用している服があるため、肩パッドを入れることでさらに膨らみが出ます。

この場合、客観的な視点を注意して取り入れるのがベストです。
肩が膨らむと、男らしさが出てきます。さらに言えば、威圧感も出るでしょう。

既に肩幅がある方は、マニカカミーチャにして、肩の膨らみを抑え、従来の自分の身体に沿ったラインを出すをおすすめしています。

ヒールの有無で変わる

女性の場合、ヒールを履くことで、足が長く見えるようになります。
個人的にヒールを履いている女性の方は素敵な印象です。
(履いている本人は足を痛めているかも笑)

ヒールを履くと背丈が長くなるため、普段より身長が高くなり、サイズ感も変わってきます。

採寸する際に、ヒールと平坦な靴と両方あるのがベストです。

最後に

ここで大事なのは正しい、適切なサイズを測るということです。
サイズは自分の体にとっても、外見にとっても大事な要素になります。

サイズが合わないと、自分の気持ちも上がってこないです。
市販で購入したコートやスーツで少し妥協をしたことがありますが、後悔している自分がいました。

その後悔の原因はまさに「サイズ」でした。
オーダーはその悩みを解決する一つの方法です。今後オーダーを検討されている方にとって、この記事が役立っていれば嬉しいです!

お問い合わせ詳細

コメントを残す