ディズニー英語「ヘラクレス」から学ぶ英語

ディズニーが開演されるまであと少しでしょうか?
新型コロナウイルスによる影響で、ディズニーに行けなくて、ストレスを抱えている方が多いと思います。

そこで!今回は懐かしい「ヘラクレス」の名言で勉強していきましょう!

今回の名言

Sometimes it is (      ) to be alone.

( )内に入る言葉はなんでしょうか?

今日の文法

不定詞の中でも「To be」の形を解説していきます。
中学生の時にこの「To be」をみてわけがわからなくなったのを覚えています。笑

当時は笑い事ではなかったので、当時の気持ちになりながら解説していきます。

不定詞の基本的な形は「To do」ですよね?
例:
1. to take an exam.
2. to have a cup.
3. to get points. etc..

上記のような形があります。

 

続いて、意味はどうでしょうか?
不定詞の基本的な意味は「〜のために」ですね。
1. テストを受けるために
2. コップを持つために
3. ポイントを獲得するために

To doのdoの部分を違う動詞にすることで、文章を作成することができます。

前置きはここまでにして、では「To be」は?
中学校英語でも習いましたが、「◯◯動詞」ってありませんでしたか?

 

そう!
be動詞です。
分からない人のためにBeとは、「am, are, is, was, were」の原型です。

これらは動詞の一種だから、動詞の原型があるのです。それがbeになります。


したがって、「To be」(〜なるために)の形になります。
例:
・I practice baseball to be a professional player.
(僕は野球選手になるために練習します)
・I study to be intelligent.
(賢くなるために勉強しています)

最後に

英語学習は確かに英語の環境で、英語で学ぶのがいいです。
しかし、根本的に英語を理解していない場合は、
日本語で学んでいくことも大事です。

新型コロナウイルスの関係で留学が厳しい状況になっています。

しかし、オンライン化が進む中で、言語が話せる人材が貴重になってくると僕は予想しています。

今からでも遅くありません!少しづつでも英語を学んでいきましょう!

英語学習の相談などはいつでも受け付けています!
一緒に英語を学んでいきましょう^^

答え
Sometimes it is better to be alone.
(たまには一人でいる方がマシだ)

コメントを残す