オーストラリア留学で必要な英作文って?GTEの作成方法とは?

GTEと言うのは「Genuine Temporary Entrant 」の略です。
簡潔に言えば「長期目的ではない、短期滞在になる証明」ということです。


必要のことを書き起こす必要があります。
そのために組み入れるべき内容があるため、今回はそれらを紹介していきます!

はじめに言いますが、嘘をつく必要ありません。
大事なのは、「今回に留学があなたにとってどのような効果がもたらすか」証明することです。

●なぜオーストラリアなのか
●なぜその学校なのか
●なぜその分野なのか

これらを下に2000文字の文章を構成していきます。

2000文字も?!

と思ったあなたは普通です。でも大丈夫!
過去、現在、未来の時制を意識しながら、書いていきましょう!


読みながら、自分の頭に中で整理していけます。
GTEに書く内容や情景が浮かんだら、メモを取りながらこの記事を読むと後々整理がつきます。

ーなぜオーストラリアなのかー

なぜ他の国ではなくオーストラリアにしたのかを基盤にしていくといいと思います。


まずはこちらの項目が大事なります。

なぜオーストラリアに関して下調べをしている中で、魅力に感じる部分があると思います。歴史、気候、街並み、文化等感じ方は人それぞれです。

例えば、

オーストラリアは世界的にも教育水準が高いことで有名です。
それは公共学校機関に限らず、語学学校での教育にも影響していると思います。
この結果は、オーストラリア人が教育熱心であることが理由です。

OECDが出した教育機関での平均就学年数で、日本は16.4年に対して、オーストラリアは21年です。これはフィンランドについで、世界第二位の数字です。

2019年日本人留学生が最も選んだ留学先第二位もなり、この環境で学ぶことが、自分の成長を促してくれると思いました。

このように数字を混ぜながら話すと説得力が上がります。
留学先はアメリカ、イギリス、カナダ、フィリピンなどありますが、なぜオーストラリアなのか証明していくことが大事です。

もしサポートが必要であれば、ご連絡ください!

ーなぜこの学校なのかー

ここでは、学校を選んだ理由を明確にしていきます。

正直、ここはそこまで悩む必要はありません。
各語学学校は特徴を述べています、それを下に考えればいいからです。

学校HPを見ると、「About」「Our vision」「Service」の項目があります。
そこの内容に沿って、自分の気持ちを加えれば大丈夫です。

例えば、、、

スピーキングに力を入れている学校であれば、将来は日本の商社に入りたいと思っています。

外国人と対面で話す際に必要なこととして、スピーキングが求められます。この学校ではスピーキングに特化した授業があり、さらには発音矯正のクラスもあるため、この学校を選択しました。

それだけではなく、学校の立地です。

ビジネスをしていく中で、雑談が必要になります。市街地にあるため、新たな体験を積むことができます。人が興味を持つ体験をするのに、適した場所であるため、ここを選びました。


学習内容に触れつつ、他の要素を理由に加えるとより、気持ちが伝わりますね。
自分の想いも大事ですが、学校の要素を全面にアピールすることが、ここでは大事になります。

ーなぜその分野なのかー

今回、留学にいく理由としては以下の目的があるとと思います。

● 言語の取得
● 専門分野の学び

相談にくる方の目的を下にした時に、上記の目的が主になっています。
もちろん、理由や目的はそれぞれあっていいです。

ここでは、自分の過去の学歴や職歴を下にして話を進めていきましょう。
・学校ではどんなことにフォーカルを置いて学習していたか。
・大学での専門分野は何か。
・以前、勤めていた企業はどんな企業か

などの過去を出しつつ、留学の目的に繋げます。
そして、その能力を取得し、将来どのようなことをしたいのかを綴るとなお、効果的です。

ここでは日本に戻って活かされる理由を書くといいです。

冒頭でもあるようにGTEは「長期目的ではない、短期滞在になる証明」になる他、「オーストラリアに移住しない証明」にもなるためです。

アイデアが思い浮かばない人へ

ここでは、具体的に内容に盛り込んだ方がいい内容を箇条書きにしました。
書きやすいものを選択して、アイデアを出していきましょう!

・オーストラリアで学ぶ理由
・なぜ日本ではなく、オーストラリアで勉強したいのか
・他にも色んな国があるにも関わらずなぜオーストラリアを選んだのか

・ オーストラリアでどのような生活をする予定か
・金銭面においてオーストラリアできちんと生活できるのか

・コースを選んだ理由
・これまで受けてきた教育との関連性
・これまでの職歴との関連性があるのかないのか
(なければなぜこのコースを選んだのか)
・将来、仕事に就くにおいてどのような関連性があるか

・学校を選んだ理由
・たくさん学校があり中でなぜその学校を選んだのか
・他の学校と何が違うのか。学校の特色はなんなのか。
・コース修了後・帰国後のプラン
・日本に帰国をしてからどのような仕事に就きたいのか
・日本に帰国してからオーストラリアでの学業や経験をどのように活かすのか

コメントを残す