新コロナやインフルエンザの感染拡大による「マスク」の需要。マスクから見る文化の違い。

新コロナが世界中で話題になっています。毎日のように死者が出ているそんな状況。

まだ僕の地域には来ていないから大丈夫と安易な考えをしている僕ですが、、、笑い事では済まされないですね。笑

アメリカでは新コロナだけではなく、インフルエンザも今注目されています。
日本経済新聞が出した記事です。
「米でインフルエンザ猛威 死者数1万人超え」

題名だけ見ると怖いですよね。

そもそも、なぜアメリカはこんなにも感染が早いのか、皆さんにお伝えしていきますが、その前に一言。

マスクは予防になるという科学的根拠はありません。こちらをチェックしてください。
https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/3803/

では、なぜアメリカや他の国では驚異的にウイルスが広まっているのかお伝えしていきます。

マスク文化は日本にしか根付いていない

アメリカ留学をしていた頃、マスクは一度もつけていません。

そもそも町中見渡しても、つけている人はいない。

周りがつけていないからではなく、
僕は普段マスクをしないのです。
なぜなら、マスクを着用するように言われたことがないから。

僕のバックグランドをお分かりの方はもうわかると思いますが、
ペルーでもマスクは使いません。

ちなみに新型コロナウイルスが世界中で広まってから、
ペルーではマスクの需要が高まっているそうです。

日本ではマスク着用はマナーにもなっています。

海外から見たら、これも日本文化の一つです。

文化の一つではなく、予防のひとつです!と言いたい方がいるとは思いますが、海外の反応は、少し違うみたいですね笑

予防はもちろんですが、こんな時にマスクを使用したことがある人が多くいるのではないでしょうか?

・ファッションとして
・スッピンの時
・ヘルペスができた時


など、マスクは予防としてではなく、他の用途で使われることが多い日本です。

マスクの概念が日本と海外では違うようで、日本のマスクは「Surgical Mask(外科手術用のマスク)」と、重症患者用のマスクとして知られているため、着用すると、重症扱いされる可能性があるのです。

日本とは逆で、着用すると周りから注目されてしまうのです。笑
注目されたい人であれば、いいかも?!

インフルエンザは風邪のひとつ

アメリカ留学中にインフルエンザになったことがあります。

アメリカでは「Flu」と言われるインフルエンザですが、実は風邪の一種としてみられているため、日本ほど重要視されて言いません。

病院に行かないで、なぜインフルエンザとわかったのかと言いますと、一度もインフルエンザにかかったことないホストファミリーがかかったのです。

症状が風邪とは違ったため、普段いかない病院に行ったところ、インフルエンザと知りました。

その次の日に、僕は関節痛と寒気と高熱があったため、インフルエンザ経験者としても、ホストファミリーがかかったバックグランドがあるのも含めて、インフルエンザだと確信しました。

しかし、ホストファミリーが病院に行ったので、学校に問い合わせて病院に行こうとしたら、

「アメリカではFluなんかで病院行かないよ。ファーマシー行って、飲み薬あるから買って、3日安静にしてなさい」

いやいや、副作用強すぎて、タミフル飲んだ時みたいに変な行動とったらどうするの?!って思いましたが、ここは世界が誇るアメリカ。自らの足で、薬を買い、治しました。笑

いま思うとホストファミリーが病院に行ったのは、普通の風邪とは違うインフルエンザだからです。インフルエンザは大人がかかると危ないと言われています。

いま新型コロナウイルスもそうですが、インフルエンザの死者数が増えているのです。

アメリカは手洗いうがいを小さい時から習慣にしないため、このようなことが起きるのです。

アメリカだけではなく、オーストラリアも予防はしません。
限定的な予防ですが、マスクも着用しません。

日本が異常なのか、周りが気にしなすぎなのかわからなくなってきました。笑

マスクは「文化」を表す

ここまで読んでくださった方はもうお分かりいただけたかもしれません。

オーストラリアやアメリカ、そして僕の母国ペルーにはないものを日本は持っています。

アメリカはマスク文化がないからインフルエンザの感染が広まっているのでしょうか?

違います。

そもそもマスクをしたから、予防になっているとは科学的に証明されていないと冒頭で言いましたが、アメリカは「個人」だからです。

日本は集団行動に優れている民族です。

一人でも違った行動をすると叩かれます。風邪を引いて、会社や学校を休むとちょっと引目で見られます。

「集団」だからこそ、周囲に敏感で、
他の国より、周りに迷惑をかけたくない気持ちになり、感染症に敏感になるのです。

まさかマスクに文化が表現されているとは思っていなかったと思います。
このように無意識なところをみると、異文化が隠れて言います。

是非みなさんも、海外と日本の比較をしてみてください。
そしてくれぐれも、新コロナにお気をつけて。僕も手洗いうがいをしっかりします!

それではまた!See you guys!

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC_OlSuCWvALPA-qLAcLhsLQ/featured?view_as=subscriber
facebook:https://www.facebook.com/KojiAustraliaRyugakuConsultant/

#オーストラリア留学 #留学相談 #語学留学 #外国籍 #マスク #異文化 #新コロナ

新コロナやインフルエンザの感染拡大による「マスク」の需要。マスクから見る文化の違い。」への1件のフィードバック

  1. 2年前に購入したマスク、二箱共(別メーカー)中国製でした。日本は、80%を中国製に依存して居た事がニュースで明らかになりました。それで、このマスクするとかぶれて、痒いんです。日本製のマスク高すぎです。

コメントを残す