💰🏧銀行口座開設について🏧💰

☁️「オーストラリアで銀行口座の仕方がわからない」

☁️「銀行口座開設の際に必要な書類がわからない」

☁️「そもそも銀行口座開設が必要だとは思っていなかった」

など思っている方がいたのではないでしょうか❓
そんな方に今回の記事はおすすめです❗️ぜひ読んでみてください🙆‍♂️❗️

なぜ銀行口座が必要なのか?

日本でもそうですが、働くと基本的には銀行に給与が振り込まれたり、クレジットカードの支払いが指定の銀行口座から引き落としされます。

オーストラリアでも基本的には同じシステムです。

皆さんがオーストラリアでアルバイトを始める予定であったり、ワーキングホリデイで行く場合は準備していく必要があるということになります。

どこでどんな手続きを踏めばいいのか?

主流なのは現地の支店に行き、手続きをしていくことです。しかし、正直面倒ですよね、、、

そんなことを考えているあなたにオススメ✨銀行口座を日本から開設する方法✨を伝授いたします❗️

まずは今回紹介するANZ銀行です。オーストラリア4大銀行とも言われているANZ銀行。日本にも支店があり、ワーホリや学生ビザを持つ人に人気な銀行になっています。世界30国以上で事業展開を行なっていることから信頼の置ける銀行であることがわかります。さらに日本人スタッフが常任していることで、日本人にとって心強いと考えられます。

今回はANZの口座開設についての解説していきます❗️

① 以下のURLを開き、緑ボタン「Apply now」を選択。

https://www.anz.com.au/personal/bank-accounts/moving-to-australia/en/

② 実際に入力開始

・The type of application の項目で、「Single」(個人口座)を選択します。

・Are you an exiting customer? (あなたは既存のお客様ですか?)の項目では、「No」選択してください。

③ ②を終えたら、右下にある緑ボタンの「Start」を選択します。

④ ここでは個人情報を埋めていきます。「Tell us about yourself」の項目では自分の情報を入力していきます。

・First  Name (名前)

・Last  Name (苗字)

・Middle Name(ない場合は空欄)

・Date of your birth (生年月日)

→ Day(日)/Month(月)/Year(西暦)

・Where do you live?(日本現在住所を入力)

⑤「Where do you live?」の項目では、住所を入力していきます。

・Enter your addressをクリックすると新たに小さなページが出てきます。

・Country(国):「Japan」と入力。

・Street address :「部屋番号/番地と町名」と入力。

・Suburb/ Town :「市町村」を入力。

・State / Country:「都道府県」を入力。

・Zipcode / Postcode:「郵便番号」を入力。

⑥「How can we contact you?」の項目では自分のメールアドレスや携帯番号を入力していきます。

・メールアドレスは確認用も含めて二箇所記入。

・Primary phone:MobileもしくはHomeを選択し、番号を入力。

・Secondary phone : こちらは記入する必要なし。

⑦ 「Moving to Australia」の項目ではビザの種類などを入力していきます。

・What type of visa will you be using?(ビザのタイプ) :「Student」を選択すると、「Where will you be studying?」と入学する教育機関を聞かれます。大学(University)、語学学校(Language school)、職業教育訓練学校(Vocation/VET)、専門学校/TAFE(College/TAFE)、小中高等学校(Primary/Secondary School)、その他(Other)から該当するものを選択してください。

・Will you be studying full time?(フルタイムで学びますか?): 週20時間以上のコースを取得している場合は、「Yes」を選択し、違う場合は「No」を選択。

・When do you think you’ll arrive?(オーストラリアに来る予定日はいつですか?)の項目にはオーストラリア入国予定日を入力。

・Verbal Security Code」(本人確認のためのセキュリティーコード):1-20桁のアルファベットを組み合わせる。窓口や電話で聞かれることがあるためメモなどですぐに出せるようにしておくのがベスト(確認のため2箇所)。

・Are you a Tax Resident of Australia only? ï¼ˆã‚なたはオーストラリアだけの納税者ですか?):ここでは「No」を選択。

・Please include below all countries excluding Australia in which you are a tax resident.(あなたはオーストラリ以外え税法上どこに居住していますか?):ここには「Japan」と入力。

・Taxpayer Identification Number (TIN) or country equivalent can be provided for this country?(居住国の個人を証明するものまたは納税者確認ナンバーはなんですか?)のあとにTIN or country equivalent の項目が来るため、そこで「日本のマイナンバー」を入力。

⑧ 「Would you like to open an ANZ Online Saver account at the same time?」(オンライン口座をご希望しますか?):ここでオンライン口座をご希望の方は「Yes」と入力。いらない方は「No」にする。なお、特にどっちでもいい方はオンライン口座開設をおすすめします。

⑨ 「Declarations, terms and conditions」の項目が表示される。チェックボックスが縦に4つ並んでいますが、1番目と2番目のボックスはプライバシーや利用規約に関する項目で、それらの文書に同意するか否かの確認です。この2つは必ずチェックが入っていなければならず、入っていないと次に進むことができません。

・3番目のボックスはキャッシュカードの発行を申請する項目のため、ここにもチェック。

・4番目のボックスはプロモーション情報の送付を希望する場合のみチェック。
 

・最後に右下にあるグリーンの「Submit」ボタンをクリックし完了。

⑩ キャッシュカードの受け取りは支店にするのをオススメする。

・キャッシュカードを支店もしくはオーストラリアの住所に郵送とどちらか選択。しかし、キャッシュカードはアクティベートしなければならないのと、暗証番号の登録などもあるため支店での受け取りをオススメします。

⚠️これで終わりではありません⚠️

最後に

パスポートを持ち、支店に行くとキャッシュカードを受け取ることでき、そこで初めてキャッシュカードを使用できるようになります❗️

同時にインターネットバンキングも利用可能になるため必ず支店に行き、手続きしてくださいね❗️

それではまた!See you guys!

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC_OlSuCWvALPA-qLAcLhsLQ/featured?view_as=subscriber

facebook:https://www.facebook.com/KojiAustraliaRyugakuConsultant/

#オーストラリア留学 #留学相談 #語学留学 #外国籍

コメントを残す